非常用発電機はコイズミが守る

お客様の信頼に支えられた65年の社歴があります

災害発生時の命綱、非常用発電機。
いざという時は確実に電気の供給ができなければならない設備です。

その発電機、低負荷の始動テストだけを繰り返していませんか?
低負荷で発電機のディーゼルエンジンを回すだけの始動テストは、
それ自体が故障の原因になったり、二次災害を起こす原因にもなります。
正常に電気が供給できるかどうかを確かめるには、
負荷試験またはエンジンの内部監察確認等が必要です。

その発電機、大丈夫ですか?

創業65年、自動車整備を通じてエンジンに携わってきたコイズミが、
その技術で大事な非常用発電機を守ります!

 

お問い合わせはこちら

定期点検を、始動試験だけで済ませていませんか?

毎年行う非常用発電機の定期点検を、始動試験だけで済ませてしまっている建物がほとんどです。
しかし、始動試験ばかり続けているエンジンは、非常時に必要な負荷をかけたとき、その負荷に耐えられず動かないという実例が多い事実をご存知でしょうか。

また、無負荷運転や軽負荷運転を続けると、不完全燃焼が続き、エンジン内部にカーボンが蓄積されてしまいます。
そのまま放置すると排気管からの出火やエンジンの損傷・破壊などの原因になりかねません。

この様に、始動試験だけの定期点検では、非常発電機の性能維持を図ることが困難であるばかりか、非常用発電機そのものが二次災害を起こす可能性もあるのです。

エンジン内のカーボンの燃焼による黒煙

発電機の中でも故障が多いエンジン部は自動車エンジンと共通

自動車のディーゼルエンジンと非常用発電機のエンジン部分

発電機の故障で多いのが、エンジン部分に起因する故障。
発電機のエンジンに多く使われているのがディーゼルエンジンです。
ディーゼルエンジンの特性を無視して繰り返し実施された始動テストによりカーボンが蓄積し、発電機の故障リスクが上昇しています。

発電機に使用されているディーゼルエンジンには自動車エンジンが多く使われています。

エンジンは私どもコイズミの専門分野です。
お客様からの信頼を得、65年の社歴を重ねています。

65年に亘って積み重ねられた信頼の技術で、非常用発電機の適切な点検・整備を行います。

非常用発電機定期検査時の負荷運転試験実施や内部監察点検等実施が大切です。

消火活動には最低でも30%出力の発電が必要となります。
マンションやビルの消火活動に欠かせないポンプやスプリンクラー、屋内消火栓。
これらの設備を稼働させるには、自家発電装置(非常用発電機)の定格出力が加圧送水装置の出力を上回らなければなりません。
定期点検が適正に行われて居ない状態で非常用発電機を稼働させた場合、消火不能に陥るばかりか、発電機のエンジントラブルによる新たな火災発生など二次災害の原因にもなります。

お問い合わせはこちら

負荷試験点検と内部監察点検

2018年6月1日公示の消防庁の省令により非常用発電機の点検方法が変更されました

民泊需要に対応する2018年6月1日公示の「消防法規則等の一部を改正する省令」により、自家発電設備の点検方法が変更されました。 1年に1度の負荷試験点検は、潤滑油等の交換など運転性能に維持に係る予防的な保全が講じられている場合(潤滑油・燃料フィルター・ファンベルト・ゴムホースなど)に限り、6年に1度の点検で良いということになりました。また、内部監察点検を負荷試験点検の代わりに行うことも認められるようになりました。

なお、予防的な保全が講じられていない場合は、これまで通り1年に1度の負荷試験点検、または同じく1年に1度の内部観察点検となります。

半年に1度の機器点検及び年1度の総合点検に加えて負荷試験点検または内部観察点検を行う事で非常時でも確実に動作する状態を維持します。
エンジン内のカーボンの燃焼による黒煙

負荷試験点検で発電能力を確認・検証

発電機のエンジンが始動できても、肝心の性能が発揮できなければ非常用発電機が設置されている意味がありません。
実際に非常用発電機の負荷試験点検を行うことで、必要な時に確実に始動し性能を発揮する状態を維持します。

非常用電源の負荷試験点検とは、その発電機に負荷をかけた稼働テストで、コイズミでは30%の負荷をかけた試験をおこないます。 非常用電源の負荷試験点検には専用の負荷試験器が必要となります。

なぜ30%の負荷をかけた試験を行うのでしょうか

月次点検等で行なっている無負荷運転(空ふかし)点検だけを行なっていると、ディーゼルエンジン内にカーボンが堆積されていきます。
その為、1年に1回は、30%以上の負荷運転をおこない、堆積したカーボンを燃焼排出させておかなければ、非常時に発電機が正常に動かず、消火活動ができなくなる虞(おそれ)があるからです。ただし、毎年の予防点検として必要部品交換を行えば、負荷試験は6年に1度で良いことになりました。
必要部品とは、燃料フィルター・ベルト・潤滑油・ゴムホース類などです。

「内部監察点検」とはどんな点検ですか?

負荷試験点検に代えて行う内部監察点検では、ブローバイガスの観察・シリンダー内摺動面等点検・潤滑油分析・冷却水点検・過給機コンプレッサー及びタービン翼観察・吸の以上有無点検排気ダクト内部の異常有無点検を行います。

災害時の危機管理のため、非常用発電機の定期点検と併せた負荷試験点検および内部監察点検の実施をお勧めします。

負荷試験または内部監察点検に加えて行う1年に1度の予防点検

消防法規則の改正により必要部品の交換を適切に行っていれば、負荷試験点検または内部監察点検が6年に1度でも良いことになりました。
安全に使える状態で非常用発電機を維持するためには、負荷試験点検または内部観察点検をする6年の間に、年1度の予防点検を行っておくことが重要です。

負荷試験点検または内部監察点検の空白期間で適切な予防点検を行うことで、突然やってくる非常時でも発電機が十分な性能を発揮します。

負荷試験点検・内部観察点検・予防点検のお見積りは無料

コイズミの負荷試験、内部観察点検、予防点検の御見積は無料です。お問合せフォームにお名前、メールアドレス、御社名、住所、電話番号、そして「お問い合せ内容」欄に発電機容量や電圧等の必要事項をご記入の上、送信して下さい。
折り返しご連絡いたします。

御見積はこちらから

保全に関する法令の基準

法令による点検基準の概要

関連法 対象物 点検の内容 点 検
期間 報告 基準
電気事業法 電気工作物
・日常巡視
・日常点検
・定期点検
・精密点検
保安規定による
——
保安規定
建築基準法 特定行政庁が指定するもの
・外観検査
・性能検査
特定行政庁が定める期間
(おおむね6ヶ月から1年に1回)
特定行政庁
(おおむね6ヶ月から1年に1回)
建築設備の検査の方法及び判定基準(告示)
消防法 特定防火対象物又は非特定防火対象物で、法令で定められているもの

特定一段階防火対象物
・機器点検
・総合点検
6ヶ月(機器点検)及び1年(総合点検) 消防機関
1年に1回(特別防火対象物)

消防機関
3年に1回(上記以外の防火対象物)
点検基準(告示)
点検要領(通知)
上記以外の防火対象物

法令による罰則等

関連法 罰則対象 罰則
電気事業法 技術水準に適合していないと認められる発電設備の設置者
(電気事業法第40条)
技術基準への適合命令又は使用制限
建築基準法 検査報告をしないもの又は虚偽の報告をした者
(建築基準法101条)
100万円以下の罰金
消防法 点検報告をしない者又は虚偽の報告をした者
(消防法第44条11号)
30万円以下の罰金又は拘留
上記従業者等の法人
(消防法第45条3号)
発電設備が技術基準に適合していなかったり、法令点検が行われていない場合は、罰則等が課せられます。

消防法(第四十五嬢)

(改正経過)
平成二四年六月二七日 法律第三八号(ヲ)

[両罰則規定]

第四十五条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他従業員が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、行為を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を、その人に対して各本条の罰金刑を科する。

一 第三十九条の二の二第一項、第三十九条の二第一項又は第四十一条第一項第七号 一億円以下の罰金刑(せ)(ヲ)

二 第四十一条第一項第三号又は第五号 三千万以下の罰金刑(せ)(チ)

三 第三十九条の二若しくは第二項、第三十九条の三第一項若しくは第二項、第四十一条第一項(同項第三号、第五号及び第七号を除く。)、第四十二条第一項(同項第七号及び第十号を除く。)、第四十三号第一項第四十三条の四又は前条第一号、第三号、第十一号、第十二号若しくは第二十七号 各本条の罰金刑(せ)(ヲ)

平成30年6月1日付 消防予備第373号 予防課長通知

第24  非常用電源(自家用発電設備) 点検方法改正

お問い合わせはこちら

消防法に基づく非常用発電機の総合機能点検

負荷運転

負荷運転の内容を示した図です

内部監察点検

内部監察点検を示した図です

必要なノウハウが蓄積されたコイズミの非常用発電機負荷試験

負荷試験の様子

先にも述べた通り、発電機の多くは自動車と同じディーゼルエンジンなどを利用しているものが非常に多く、この負荷試験に沿って、バッテリーの良し悪し、ベルトの交換、フィルター類のチェックなどは自動車整備と共通した部分があります。
1953年設立のコイズミは、そのような大型自動車のエンジン部品も従来から扱っており、エンジン整備のできる自動車整備経験者も多くいます。

60年以上蓄積されたノウハウで、安全に使用できる非常用発電機を維持いたします。

お問合せフォーム

アタマに「*」がついている項目は必須項目です。
フルネームでお願いします
郵便番号を入力すると丁目・番地以外が自動入力されます。
※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください。
※送信前に、電話番号・メールアドレスに誤りがないかをいま一度お確かめください。

▲TOPへ